おまとめローンの種類

おまとめローンを利用しようと思った時に恐らくあなたは世の中にはこんなにおまとめローンという商品がたくさんある事に驚いたと思います。しかしインターネットや広告等で見かける「おまとめローン」にはあるからくりがあります。実は広くおまとめローンと言われている商品には「借り換え専用」「乗り換え専用」「おまとめ専用」等の商品としてのおまとめローンと、おまとめ「にも」使える通常のカードローンやキャッシングといったあくまで一つの用途としてのおまとめがある商品の2種類があります。そして特におまとめローンと明記する際に「こうでなくては名乗ってはいけない」といったルールも無いので現状ではこの二つが貸金業界では入り混じっています。確かにどちらも多重債務を一本化する事は可能ですがその具体的な商品内容は全く別物となっています。


おまとめローン専用商品は審査に通りやすい?

まず一般的に「借り換え専用」などと書かれている正規のおまとめローンは最大の特徴として「目的ローン」に分類される為、総量規制法の対象外になる点です。目的ローンとは住宅ローンや学生ローン、カーローンのように融資を受ける段階で用途が決まっているローンの事になり、これらのローンは全て総量規制法の対象外となります。

この総量規制法というのは収入の1/3を超える貸出を原則禁止とする貸金業法であり、例えば年収300万の人なら合計100万を超える借入はできなくなっています。しかしおまとめの場合既に合計100万の借入がある場合、100万円を繰越返済する為にもう100万おまとめ先から借入を行わなければならない為この総量規制法がネックになる可能性が極めて高くなっています。(尤も最近は繰越返済が済むまでの一定期間おまとめ用の借入を総量規制の対象として勘定しないサービスを行なっているところもあると言います。)ただしこの借り換え専用ローンは目的ローンである事から、他の用途で融資を受ける事ができず、また一般的には通常ローンと比べて限度額が低く金利も高い傾向にあります。 おまとめに悩む女性

尤もその分現在の総借入額や総借入先数に関しては寛容であり、比較的に審査に通りやすい傾向にもあります。(>>>おまとめローンの審査が通りやすい業者はこれだ!)その為後述の一般ローンの審査に落ちてしまったら一度これらの審査に通りやすい専用商品で一本化を行い、その後通常ローンに借り換えるといった方もいるようです。


通常カードローンと専用商品の差異

一方通常のカードローンをおまとめに利用する場合、専用商品と比べて比較的に低い金利で借り入れられる他、もしもの際は借り換えとは別に利用目的自由な融資を受ける事が可能です。ただし専用商品と違って銀行系の金融機関を除けばその殆どが総量規制の対象となる為、例え限度額が高めであっても収入によっては一度に一本化ができない場合もあります。また専用商品と比べた際に毎月の支払い額が太めになっており、生活に困窮している方には返済が難しい傾向にあるのも事実です。ただ審査に関しては専用商品より結果表示や融資までにかかる時間が短く、またインターネット完結申込等にも対応しているケースが多い為、専用商品とはまた違った意味で審査に通りやすい仕様となっています。ただあくまでこちらは通常の金融商品である為、借入先の数が多くなる程審査に通りやすいとは言いにくくなります。ただ前述のように比較的金利の低めな商品が多い為最終的なおまとめ先として選ぶのであれば適していると言えます。おまとめローンの本懐は一本化を行う事で金利を安くする事で総支払額を少なくする事なのですから。


>>>おまとめローン審査の基礎知識