おまとめローン審査の基礎知識

審査に通りやすいおまとめローン業者を選ぶ事は勿論大事な事ですが、それらと同じくらい大事な事としてまずおまとめローンの審査について知っておく事があげられます。おまとめローンをはじめとした金融機関の審査にはいくつかの基準やルールが存在し、中には一つルールに違反しているだけでどれほどあなたのステータスが審査に通りやすいものだったとしても落ちてしまうようなルールも存在します。申込の段階で続けて落ちてしまっている人はもしかしたらそういったルールの一つに抵触してしまっている可能性も否定できません。その為ここでは今一度おまとめローンの審査においてやってはいけない事を確認してみましょう。


誠実である事が一番審査に通りやすいという事

よくクレジットカードの申込では3c、即ち「Capacity(返済能力)」「Character(信用性)」「Capital(資本)」が重視されていると言いますが、カードローンやおまとめローンに関してもこれらは概ね該当すると言っていいでしょう。

例えば年収や現在の借入先数といった返済能力はもちろん重視されますし、あなたが過去に何らかの金銭的滞納や延滞をした経歴が無いかといった信用情報は確実に照会されます。そしてあなたが車や家といった現金以外の資本がありいざという時に差し押さえられるか、これも勿論重要となってきます。 おまとめ契約

これらを重点的に強化する事で審査に通りやすいステータスを意識して構成する事ができる反面、禁則事項もその殆どがこれらに関する内容となっています。(>>>おまとめローンの審査が通りやすい業者はこれだ!)例えば申込において嘘の記載をする、これは会社側も馬鹿ではないので事実確認を行う為簡単にバレてしまう上にあなたは申込で嘘の記載をした信用に足らない人物だと判断され落ちてしまいます。また例え誤字や脱字といった不本意な事実と異なる記載であったとしても、大切な申込書類(フォーム)で誤字脱字をする人間だと見なされこちらも同様に落ちてしまいます。同様に審査に落ちない為には連絡先に何時でも利用できる番号を書いておく必要があります。これは審査の最後にある本人確認等で主に利用されますが、もしこの連絡を受け取る事が出来ない場合やはり審査には通りません。


おまとめローンの限界

またいくら多重債務の為のおまとめローンとはいえ実は一本化できる借入先の数には限界があります。厳密なおまとめ可能会社数は各金融機関によって異なってきますが多くは4社を限界と定めていると言います。そして4社を超える借入の一本化を行なっている金融機関は大抵の場合何かしらの問題がある会社が多くどれだけ通りやすい所であってもあまりお薦めはできません。その為もし借入先が5社を超えている場合はまず何とかして1社を完済する必要が出てきます。また総借入額に関しても目安として総量規制に引っかかるような合計額、つまり収入の1/3を超えてくると途端に融資を受けるのが難しくなってきます。このような場合最初から金利が低い商品に一本化をするのは難しく、金利が決して安くはなくても比較的通りやすい会社への借り換えを重ね段階的に一本化を行う必要が出てきます。


>>>おまとめ審査を通りやすくする対策