おまとめローンでは借入件数が重要

3件よりも多い借入件数があると、おまとめローンの審査には通りにくくなります。そこで申し込む前に、件数が減らせないか検討してみましょう。親戚や親といった利息を請求されないくて済みそうな人から借りて件数を減らすのが理想的ではありますが、そうもいかない場合もあるでしょう。そういったときには現在借りている貸金業者で増額ができたり借り入れ可能額が残っているならば、それで1件でも多く減らせないかと検討してみることです。


<件数を減らしたら>

件数を3件程度まで減らすと、おまとめローンの審査に通る可能性はかなり高くなります。気をつけなければならないのは、完済した貸金業者との解約です。完済しても契約が残っていれば、いつでも利用出来る状態です。「借りてもいないのにクレジットカードの枚数が多いと新規の申し込みの審査が通りにくい」と言われることがありますが、それと同じです。借りれるような契約が残っていると、直ぐに借りる可能性もあるので、借金をしているのと同じように計算される可能性があります。解約してしまっていればそれが信用情報にも乗りますので、審査する側としては「完済もしているし、借りるつもりがない意思表示も出来ている」と受け取るのです。もちろんこれによっておまとめローンの審査も通りやすくなります。